トラベル家電issue-表紙 旅行家電 電子機器 旅 トラベル キャンプ アウトドア 旅行に最適な靴選び トリップアミューズメント

ノマドトラベラーギア表紙 旅テントissue バックパックに収納できる2人用旅テント選び 表紙
旅カメラとレンズ選び TAカテゴリーアイコン キャンプissue-トリップアミューズメント アウトドア 旅 キャンプ 旅行 トラベル ギア 道具 旅の作り方 トリップアミューズメント 旅レシピ 自由旅行 バックパッカー フリートラベル 海外旅行 ブッキング 旅ログバナー トリップアミューズメント トラベル 海外旅行 ハワイ ベトナム カンボジア オランダ アメリカ 韓国 タイ ビーチ 旅 

travel-camping-gear-issue-表紙 旅行 旅  トラベル アウトドア キャンプ ギア 旅する文房具 表紙 旅 トラベル 旅行 アウトドア

▼アウトドアギアカタログ banner-アウトドアカタログ
▼【はじめての自由旅行の作り方はfumu2に連載中です】

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月13日 (14:20)

タイ バンコク

TAバンコク表紙

バンコク BANGKOK

バンコクはタイの首都で人口約800万人、都市圏人口は約1500万人。東南アジア屈指の世界都市です。近代的な建物と王宮や仏教寺院も密集し古今の歴史と文化が調和した都市です。日本との時差は2時間、気候は一年を通じて気温は高いです。

バンコク地図


バンコク到着♪

TAバンコク21
▲ロットゥーで降ろされたのはBTSプロンポン駅近くの高速出口でした。今までタイの南部から上がってきたせいか、人の多い町だなーと言うのが、第一印象。



ヴィクトリーモニュメント
TAバンコク19
▲とりあえずその辺にいた人にプロンポン駅を聞くと「この道を少し歩けばわかるよ」と教えてもらい、言われた通り人ごみの中歩いて行くと、アヌサワリーチャイ(ヴィクトリーモニュメント、戦勝記念塔)が見えてきました。ガイドブックでみた景色と一緒ですw プロンポン駅に到着♪ アメリカに住んでいた時の友達と宿泊先のホテルで待ち合わせだったので特に観光もせずそのままホテルのあるスラサック駅へ向かいます。



ワンピースの電車
電車 ワンピース
▲道を駅に向かって歩いているとおお!なんとワンピースの電車が?! ワンピースがこんなところまでw 凄いですねーワンピース!



通勤ラッシュ時のタイの電車

名称未設定-1
▲ホテルのあるスラサック駅まで電車の切符を買って駅のホームへ着くと、どうやら夕方の通勤通学ラッシュで混雑。大きめのバックパックを背負っているので結構迷惑かなーと思いつつ混雑している電車の中へwそう大都市の日常風景は人種は違うものの東京とかわりませんね。



渋滞がすごい!

TAバンコク18
▲街中は車の渋滞が凄かった。幹線道路は渋滞している車がほとんど動かないほど渋滞してます。一回渋滞にハマるとなかなか出れなそうです。原付バイクもすり抜け出来ずに渋滞にはまってますw見た感じ歩いた方が早そう。

ホテルについて友達に連絡したところ渋滞にハマって全然動かないからもう少し待っててとの事。友人がホテルに到着したのは、約束の時間より1時間半ほど後でした。友達曰く今日は木曜なので、金曜ほどっじゃないけど渋滞が酷かったと言ってました。金曜日のこの道はさらに渋滞がハンパないとのことで、道が空いていれば30分かからないでここまで着くのに2時間半もかかったと言ってました。何はともあれ久々に再会できてよかった。


スキヤキナンバー1 SUKIYAKI NUMBER 1

TAバンコク10
▲事前にタイスキが食べたいから美味しい店連れてってくれと頼んどいたので50年ぐらい営業しているタイスキの老舗につれっててもらいました。連れて行ってもらったお店は、ラマ4世通りとThanon Surawong通りの交差する所から300mぐらいラマ4世通りに向かってWat Hua Lamphongのすぐ手前にあります。ここのスキヤキは豚肉と牛肉を選べてどちらも卵が和えてあります。肉類いがメインとなりその他のスキヤキに入れる具材は店員さんが、色々小皿に入れて各テーブルを回ってきます。サイドメニューは色々とあり、野菜類、キノコ類、イカ、クラゲなどの魚介系、レバーなどの内臓系があり好きな具財を選ぶスタイル。選んだ具材はすべて鍋にいれ最後に卵で和えた肉類を入れて蓋をして出来上がるのを待ちます。日本のスキヤキスタイルとは違い、よせ鍋スタイルのスキヤキというところでしょうか。火が通るのを待って食べころになったら、お店の特製タレにつけて食べます。このタレが絶品!タレはそのままでも十分美味しいのですが、みじん切りにしたニンニクと唐辛、さらにライムを絞ってタレに混ぜると、好みもありますが、さらに美味しくなります。美味しくてすっかり食べすぎてしまいましたw 


サファリワールド Safari World

TAバンコク9
▲バンコクから車で40、50分サファリワールドという動物園に行ってきました。というのも友達が仕事の打ち合わせがあるとのことで3時間ぐらい動物園で時間潰しといてくれと言う事でチケットをくれ、昼過ぎにサファリワールドまで送ってくれました。結構新しい動物園で修学旅行?の学生などで賑わっていました。

TAバンコク8
▲敷地も広く、せっかく来たので楽しまなきゃと思い、まずバスで行けるサファリパークへ行き、その後は、子供の虎と戯れたりwキリンに餌をあげたりショーをみたりなんだかんだ楽しめました。そんな事をしていると、あっという間に約束の時間になり友達が貸してくれた携帯電話がなり、日本村というところで待ち合わせしようというのでタクシーでバンコク市内に戻りました。

TAバンコク11TAバンコク17
▲動物園にいたワニとモールで売っていたワニジャーキーの写真。なんかシュールw


日本村

TAバンコク14
▲ヴィラマーケットと言う日本食品が売っているスーパーのあるヴィレッジで友達との待ち合わせしました。思ったより早く待ち合わせ場所に付いたのでヴィレッジ内をふらふら歩いてると見慣れたお店がチラホラとありました。ダイソーは100均ではなく少し高級な60バーツ店になってたりw、定食屋の大戸屋は、東京にある店舗のイメージが違いご立派な感じのお店づくりになってたりとw いやー日本の企業は頑張ってますね。応援してます!


Gai&Joel GLOBAL FLAVORS

TAバンコク3
▲友達が2011年にタイのベストレストランに選ばれたガイ&ジョエル グローバルフレイバーというフレンチレストランへ連れて行ってくれました。このフレンチレストラン、なんとタイの料理の鉄人に出場したことのある女性シェフと、彼女の旦那さんが経営しているお店です。タイでも料理鉄人は人気らしく、ここのシェフはタイ版料理の鉄人が人気で番組で料理の鉄人と戦って勝ったと凄腕女性シェフ。美味しい料理が、期待できそうです♪

 

レストランは3階まであり、1階はモダンな造りになっていて2階にキッチンがあるのですが1階に大画面のモニターがあり料理を待ってる間モニターでシェフが料理を作っている姿を見れるようになっているデジタルなオープンキッチン♪3階はトラディショナルなフレンチスタイルになっていてフレンチレストランらしい豪華な造りになっています。レストランのデザインはオーナーのジョイルがデザインしたそうです。お店の壁紙もフランスから取り寄せしたというこだわりっぷり。お店に愛情を感じます。

僕のタイの友達はワインコレクターで家には2000本以上あるワイン室があるというから驚きです。そのコレクションの中からビンテージのワインを数本持参してくれました。これまでの貧乏旅行とは一変wいきなりセレブなバンコク滞在となりました。ロナありがとう!

TAバンコク1
▲高そうなワインあけて乾杯して飲んでいるとフランスより空輸できた新鮮で大ぶりな生カキ、フォアグラムースのキャビア添え、牛肉のカルパッチョが食卓に並びました。なんとも贅沢な前菜です。味はもちろん絶品。この料理すべてアイアンシェフが作ってくれてます。贅沢極まりないです。良いワインはゆっくり上品に酔わせてくれ、友達との昔話で盛り上がってると、フィレ肉のステーキ、子羊の赤ワインソース添えやフレンチ風のエビ料理などのメインの料理がやってきました。本当に素材も上質で新鮮、味付けも丁度良く味わいも深くさすがは、アイアンシェフ!文句なしで美味しいかったです。

TAバンコク4
▲デザートもとろけるようなテラミスなど味の良さはもちろん、備え付けの飴細工が引き立つようにお皿にライトアップするなど演出も女性シェフだけあって繊細で綺麗な盛り付けでした。結局閉店までワインを飲み続けて何本あけたのかイマイチおぼえていませんが、最後はシェフのGaiとオーナーのJoel、スッタフ達も一緒に飲み楽しいひと時をすごしましたw 友達に御馳走になったので値段はわかりません。

TAバンコク2
▲写真は左からオーナー、僕、友達のロナ

TAバンコク26
▲店が閉店したあとすこし隣にあるバーにみんなで立ち寄りました。

TAバンコク24
▲最後はホテルまでアイアンシェフのGaiが送ってくれました。本当にありがとう!


ガイ & ジョエル グローバルフレーバーズ
Gai&Joel GLOBAL FLAVORS
99/11-12 Luangsuan Balcony Bldg.,
Soi Luangsuan, Ploenchit Road,, Bangkok 10330
+66-2-684-5944
営業時間
Lunch available from 11.30 am - 2.00 pm
Dinner available from 5.30 pm - 10.00 pm
FACEBOOK



バンコクでのタイフード

TAバンコク7
▲昨日はかなり飲んでしまったにもかかわらず二日酔いもなくランチにタイレストランへ行こうと友人のロナに連れて行ってもらったのはセントラル チットロムというデパート内にあるタイレストラン。お店の名前が思い出せないのが残念。

TAバンコク6
▲料理はソムタム、野菜炒め、ホタテ料理、卵焼き、トムヤムクン、スズキの油あげを頼みました。特にスズキを油で揚げた料理はナンプラーと唐辛子の入ったソースとライムベース唐辛子ソースに付けて食べますがこれが美味しい!タイ人みんながみんなそうじゃないとは思いますが、友人曰くタイ料理はみんな家庭で作ることが多く、外食でわざわざタイのレストランには行くことはあまりしないと聞いてちょっと意外でした。このお店の料理はどれも良い意味で癖がなく食べやすかったです。魚のオイル(ナンプラー)にも色々な種類だけではなく、グレードがある事もこの時友人から聞きました。まあ言われてみれば日本の醤油もそうですね~。


クローン・ラート・マヨム水上マーケット
Khlong Lat Mayom Market
TAバンコク16

水上マーケットへ連れてってくれとお願いしたところ「ただの観光地でお土産店とかしかないよ、きっと行っても面白くないと思う」と言われたんですが、「まあ見たいなら連れて行ってやるよ」という事で、水上マーケットへ連れて行ってもらいました。友人の言うとおり、バンコクの郊外にあるんですが、周りには新興住宅がありマーケットはサッカー場ぐらいの広さでまさにお土産店のある観光地wとは言ってもせっかく来たので30分ぐらい敷地内をウロウロとしましたが、特になにがあるわけでもなくw食べ物屋台とお土産店があるぐらいで、船も飾りの様な感じでしたw想像のままにしとけばよかったという場所でしたが、何事も経験、自分の目で見るのが一番です。まあ気になる方は一度行ってみるのもいいでしょう。



バンコクの町並み

TAバンコク15
友人がシンガポールから来る取引先の人と接待で今夜は一緒に食事が出来ないとの事だったので、水上マーケットの帰りにラマ4世通りのショッピングモールが密集する地域で降ろしてもらいました。ゆっくりとウインドウショッピングをしたり、モールをのぞいたりしました。バンコクでは日本ブームなのかはわかりませんが、日本の雑貨など色々見かけました。
TAバンコク27
そのモール周辺を歩いてペッパーランチも良く見かけました。



バンコクのショッピングモール
TAバンコク13
土曜日の夕方という事もありモールは多くの人で賑わっていました。東南アジアのショッピングモールは吹き抜けが多いですね。高所恐怖症の人はつらいかもw
TAバンコク12
昼がっつり食べたのであまりおなかも空いていなかった事もあり、この日はモールのフードコートでチキンライスで済ませました。



King Royal Garden Inn


▲スラサック駅前あるキングロイヤルガーデンインに今回滞在したしました。エコノミークラスのホテルで値段も日本円で3000円ぐらいです。駅前なのですぐに電車に乗れるので便利です。またホテル1階にはファミリーマートがあるので何かと便利。部屋も広くWifi環境も良いです。ただホテル周辺は特に何もないので夜歩いてどっかに行くってときはタクシーなどが必要かも。ホテル自体は悪くないのですが、ソファーにねっ転がっていたらダニにやられました。それが残念でした。


キングロイヤルガーデンイン
King Royal Garden Inn
245 South Sathorn Rd., Yannawa, Sathorn, Bangkok 10120
+66 2 675 8120
URL:http://www.kingroyalgarden.com/



TAバンコク25
滞在は2泊3日と日数は少なかったのですが、友達のおかげで充実したバンコクライフが体験できました。さあ今日はクアラルンプールへ向けて出発です。お昼にはフライトですが、朝早くから友達がホテルに迎えに来てくれて空港まで送ってくれました。もう何から何までありがとう!それに元気にやってることもわかったし、久々に再開出来て良かった。



NEXTトリップ クアラルンプール(マレーシア)へ

クアラルンプールー表紙 旅ログ クアラルンプールへ


他の旅ログ(タイ)はバナークリック

ホアヒン表紙  旅ログ ホアヒンへ

アントンー表紙  旅ログ アントン国立海洋公園へ

パンガン島ー表紙  旅ログ パンガン島へ

スラタニー表紙  旅ログ スラーターニーへ

ハジャイー表紙  旅ログ ハートヤイへ

マレー鉄道ー表紙  旅ログ マレー鉄道へ



最後までブログをご覧いただきありがとうございます♪
ブログランキングにエントリーしてます♪
クリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーサイト

2013年04月10日 (22:31)

タイ ホアヒン

ホアヒン表紙

ホアヒン HUA HIN
ホアヒンは、バンコクの南西約200kmにあり、古くから王室の保養地として発展した優雅なリゾート地です。また市内中心には市場や1キロほど続くナイトマーケットもあり庶民的な屋台料理やお土産店が多く出店して観光客や地元の人で連日賑わっています。


ホアヒン地図


ホアヒン到着♪
ホアヒン3
▲スラーターニーからのロットゥーでホアヒンに到着。「町の中心まで連れって下さいと」タイ語しか話せない運転手に英語で交渉しましたが、「ここまでです」と言われ仕方なくロットゥーから降りた場所は、今回滞在予定のゲストハウスのある町の中心地から約2キロほど離れたホアヒンマーケットビレッジという大きなモールの前でした。今まで通ってきた南ではあまり見かけなかった近代的なデザイナースマンションなどもあり、いよいよバンコクが近くなってきたと感じさせる建物もちらほら見かけました。元々ホアヒンは王室の保養地という事もあり、バンコクの富裕層やタイに住んでいる外国人用とみられる建物があります。時間もあったのでWIFIを探すついでにモールもちょっとのぞいてみましたが、日本でもおなじみの海外ブランド店など入っていて値段もあまり日本と変わらない感じでした。



タイのスクールバス
ホアヒン4
▲モールを出て予約したゲストハウスに向かうためにソンテウ(乗合バス)待ちをしているとスクールバスがやってました。スクールバスの運転手、スタッフは迷彩柄の軍服を着たおそらく軍人さん!?バスもスクールバスというよりは、軍隊で使っている様なバスでした。



ソンテウ
ホアヒン2
▲ソンテウには市街地やマーケットなどあらゆる場所で乗車でき運賃は10~20バーツです。ソンテウは緑の車が目印になります。他のツクツクやタクシーをチャーターすると1時間100~200バーツほど料金がかかってしまいますので安く移動したい方にはソンテオがお得だと思います。


ホアヒン1
▲ソンテウに乗ること5分ぐらいで予約したゲストハウスのあるチャチャイ市場(Chatchai Market)に隣接したナイトマーケット通りに到着し10バーツ払って下車しました。ここはタイらしい活気のある下町で、みんなナイトマーケットの準備をしていました。



Together Bakery & Café
ホアヒン19ホアヒン25
▲今回泊まるホテルの場所がイマイチわからず色々な人にゲストハウスの場所を聞くけど英語を話せる人がいなく、ナイトマーケット通りをしばらくウロウロして少し疲れてきたときに、Wifiが通じそうなカフェを発見!さっそくお店の人に滞在予定のゲストハウスを聞いたところ数件先にあるよとゲストハウスの場所を教えていただきました。このカフェは外国人客も多く英語が通じWifi環境もあり、ゲストハウスの場所も教えてもらってひと安心したのでこのカフェで休憩しました。美味しそうなケーキをはじめ、カフェラテもスタバよりも値段も安く美味しかったですwホアヒン滞在中は何度かお世話になりました。

Together Bakery & Café
72/3 Dechanuchit Rd. (at Hua Hin Night Market),
Hua Hin, Prachuap Khiri Khan 77110, Thailand
営業時間:8:30~23:00
FACEBOOK PAGE



バーン ペンチャン ゲストハウス
ホアヒン22
▲カフェを出て数件先のゲストハウスに到着し一休み!外観に比べて中は思っていた以上に綺麗でしたよ。各階に休憩スペースもあり部屋は少し狭い感じはありましたが、家具も新しいもので清潔でした。またホテルのロビーを出るとすぐナイトマーケット通りなので(下の一番上の写真参照)便利です。夜中までガヤガヤしていますが部屋に入ると騒音も気になりませんでした。

バーン ペンチャン ゲストハウス
Baan Permchan Guesthouse
72/13 Dechanuchit Rd. (Soi. Hua-Hin 72), Hua Hin 77110, Thailand



ナイトマーケット
ホアヒン5
▲ナイトマーケットは平日にもかかわらず多くの外国人旅行者や観光客で賑わっています。道沿いにはレストランや屋台、洋服、お土産屋さんが多く出店しています。またここホアヒンは新鮮な海産物が名物という事もあり多くのシーフードレストランが出店しています。ナイトマーケットは見たところ治安も悪くないので、子ずれの観光客を結構見かけました。

ホアヒン6
▲タイ南部から上がってきたこともあり、屋台の物価も少し高くなってる気がします。特にシーフードはもっと南の町と比べると2倍から3倍の値段と高く感じましたw とはいっても、タイの屋台は日本円で200~300円あればおなかいっぱい食べれます。特にもやし入りのタイ風オムレツが美味しかったです。80円ぐらいだったと思います。


ホアヒン7
▲こちらはホアヒンの屋台のパッタイ♪


ホアヒン12
▲屋台の各テーブルには薬味が用意されていて辛さなどを自分好みに出来るのは良いです。


ホアヒン8
▲ナイトマーケットは食べ物以外にも雑貨や洋服、お土産店などがいっぱいあります。好きなアルファベットでカスタマイズ出来るキーホルダーを作ってもらちゃいました♪



夜のホアヒン散歩
ホアヒン9
▲ナイトマーケットから外れて夜のホアヒンを散歩してきました。マッサージ店やあやしいお店もあったりw 繁華街からちょっと外れるとタイの田舎町の風景が散歩していて気持ち良かったです。



隠れた名店?! Koti(コティ)
ホアヒン20
▲タイ料理の老舗食堂で前日の夜に地元の人で混んでいた食堂だったので、気になりランチに行ってみました。メニューは、トムヤムクンなどのスタンダードなタイ料理からシーフードまでひととおり揃っています。
ホアヒン21
▲イカの炒め物とトムヤムクン、写真には写っていませんがタイ風のオムレツとご飯にビールを注文しましたが、これが美味しいのなんのって♪屋台とはまた違う深い美味しさでした。旅先での定食屋やレストラン選びは基本、地元の人で賑わっているお店を選ぶと当たりの可能性は高くなると思います。たまたま入った定食屋さんですがこのお店はおすすめです。

Koti(コティ)
16/1 Hua Hin 57, Hua Hin, 77110 タイ
ナイトマーケット近くのDoi Tung Coffeeの隣、
CIMB 道路を挟んでTHAI銀行の向かいの
Phetkasem RoadとDechanuchit Roadの交差点にあります。
TEL: +66 32 511 252 ‎

ホアヒンまったり散策
ホアヒン18
▲昼ごはんをたべてソンテウにのったり、歩いたりして散歩してきました。



プルーンワンビレッジ
ホアヒン10
▲せっかくホアヒンに来たのでどこか観光使用とソンテウに乗ってプルーンワンというタイの若い人たちに人気のエンターテイメントスポットに行ってきました。建物は木造の建物で古き良き時代のタイの町並みをハイカラに演出しているモール?そんな感じの場所です。敷地内にはホテルも併設されていて、雑貨店や駄菓子屋さん、中古レコードショップや連ストラン、カフェなどがありました。小さな観覧車もありますが乗ることはできませんw

プルーンワン Plearnwan
Between Soi Hua Hin38-40 
Tel.032-52-0311(0312)
●営業時間
月~木曜10:00~22:00 
金曜10:00~24:00 
土曜09:00~24:00 
日曜09:00~22:00
宿泊施設もあり ※HPはタイ語です。
URL: http://www.plearnwan.com/index.php


ホアヒン11
▲東京で言うところのお台場とかの観光スポットにありそうなお店にはトイカメラやサングラスなどの雑貨が並んでいました。

ホアヒン13
▲またプルーンワンに展示されているツクツクもタイで実際に入ってるツクツクと比べるとデザインもヨーロッパ風。実際に町で走っているツクツクの方が派手ですねw



ホアヒンで気になった乗り物
ホアヒン14
▲ホアヒンの市内を走っているバスが大きさも含め、色合いやデザインがレトロでカワイイ♪因みにバスはメルセデス社製でした。きっとヨーロッパから古くなったバスを輸入してメンテナンスして使っているんでしょうね。物を大事にするって事は良いことだと思います。

ホアヒン23
▲バイクタクシーのデザインも東南アジア風です。



ホアヒンビーチ
ホアヒン15
▲あいにく滞在中は曇りがちの天気でしたが、気候は暖かいので何人かは海で泳いでいました。ビーチの砂は白く砂浜も広いので飲み物を買って小1時間ばかりぼーとしていましたw ランニングをしている人や散歩している人などいて南国のビーチという雰囲気というよりは避暑地的なリゾート感あふれるビーチが良い感じでした。

ホアヒン16
▲2枚の写真を比べると写っている人によって同じビーチに見えないですねw

ホアヒン17
▲ビーチでは地元の高校生が踊りの練習をしたり、子供たちが海辺であそんでたり、犬の散歩をしていたりとのんびりと時間が流れていました♪

さあバンコクへ
ホアヒン24
ホアヒンでの2日間は、思った以上に満足できました。町の規模など考えると丁度よい日数だったなーと思います。バンコクまで200km!ロットゥーで180バーツ!いよいよバンコクです♪ アメリカに住んでいた時のタイ人の友人に会いにいきます!久しぶりに会うので楽しみです♪



NEXTトリップ バンコクへ

TAバンコク表紙  旅ログ バンコクへ


他の旅ログ(タイ)はバナークリック

アントンー表紙  旅ログ アントン国立海洋公園へ

パンガン島ー表紙  旅ログ パンガン島へ

スラタニー表紙  旅ログ スラーターニーへ

ハジャイー表紙  旅ログ ハートヤイへ

マレー鉄道ー表紙  旅ログ マレー鉄道へ



最後までブログをご覧いただきありがとうございます♪
ブログランキングにエントリーしてます♪
クリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

2013年03月06日 (00:26)

タイ アントン国立海洋公園

アントンー表紙

アントン国立海洋公園 
ANTHONG NATIONAL MARINE PARK


アントン国立海洋公園はパンガン島サムイ島の沖合から約35kmほど西にある42の島から成り立つタイの海洋国立公園です。公園の広さは102スクエアキロメートルと広大ですが、そのうち陸地は18スクエアキロメートル、名前通り海の公園です。

アントン5

アントン国立海洋公園ツアー

アントン国立海洋公園へツアーで行ってきました。幾つかツアーがあるみたいですが僕たちが申し込んだツアーはパンガン島のトンサラ港より出港しました。朝、7時半に宿泊先までピックアップトラックで迎えに来てくれ、他のツアー客をピックしながらトンサラ港へ向かいます。トンサラ港に着くと船が待っていてツアーチケットを渡して、アントン国立海洋公園へ向けて出港します。船にのってるツアー客は50人以上いたと思います。写真上の船は滑り台やボートなどツアー仕様になっていて船の一番上にはジャンプ台まで付いています。出港すると朝ごはんをビュッフェスタイルで出してくれます。トンサラ港からアントンまでは約1時間半ぐらいかかりました。船酔いが心配でしたが波が穏やかだったこともあり問題なく船の旅を楽しめました。

アントン2

参加したツアーはヨーロッパの旅行者が多かったです。ツアー参加者もみんなフレンドリーで楽しい時間を過ごせました。

アントン追加5
▲食事は朝ごはんはフルーツとパンなど、お昼はグリーンカレーとフライドチキン、帰りはサンドウィッチが用意されています。またドリンクは好きな時にジュース、水、有料でビールを飲むこともできます。船内のトイレも清潔で綺麗でした。


アントン1

▲アントン国立海洋公園に向かった船はまずシュノーケリングポイントへ行きます。2カ所ほどシュノーケリングを楽しみ、その後船はカヌーポイントへ行きそこから一キロぐらい離れたビーチへカヌーで目指します。途中に小さな洞窟などがあり楽しめます。ビーチへ着くと沖にツアーの船が先回りしていてそのビーチで少し休憩して船に戻るとランチの用意がされていて船でランチを食べます。ランチはグリーンカレーと鳥の唐揚げでした。料理も美味しかったです。ランチを食べ終わりしばらくすると船はラグーンポイントへ移動します。 島の中には海水で出来た湖(タレーナイ)があり水は緑色に見えてとても綺麗です。ウニや魚がたくさんいました。船が最後に向かったのは中でも2番目に大きな島でこの島ではトレッキングをします。洞窟コースと島の1番高い所にある展望台へ行くコースに別れます。僕達は洞窟の行くトレッキングコースにしました。ハードな道のりで「え、ここ行くの?」と言う様な道のりでかなり険しい本格的なトレッキングコースではじめびっくりしましたが僕達は最後まで何とか行けました。途中引き返すツアー客も何人もいましたし、ケガをした人もでました。もう一つの展望台コースは洞窟コースよりも長く道も険しいということでしたので展望台コースを選んだ人達は大変だっただろうなーとおもいます。この島にはバンガローやキャンプサイドもあり、事前に予約をすれば国立公園内に宿泊出来るとの事でした。


メーコ島 Ko Mae Ko

アントン追加6アントン追加8
▲メーコ島(Ko Mae Ko)に到着して冷えたペットボトルをもらい、タイ特有の急な階段wを15分ほど上っていくと、アントン国立海洋公園の島々が見渡せる丘にたどり着きます。そして、反対側には島の真ん中に海水で出来た湖のタレーナイが見えます♪かなり急な階段で登るのは大変でしたが、この絶景をみたら登って来て良かったと思いました。因みに階段でラグーンへも降りれます。ただしラグーンでは遊泳禁止となっていました。ラグーン内にはウニや魚がいましたよ!


ウァタラップ島 Ko Wua Ta Lap

アントン追加3
アントン追加4
▲ツアーの最後に到着したのは、アントン国立公園の42の島の中で2番目大きなウァタラップ島(Ko Wua Ta Lap)!アントン国立公園の中心的な場所になるのでしょうか、ここにはマリンパークオフィスをはじめ、コテージやキャンプ場などの宿泊施設、医療所、レストラン、カフェなどがあります。


アントン4
▲ウァタラップ島での洞窟コースのトレッキング。片道20分ぐらいのトレッキングコースですが、結構険しいのでサンダルとは別にスニーカーを事前に用意してトライした方が良いかも。トレッキング途中にビューポイントもあります♪


アントン追加2
▲この島の彼方此方に野生のサルがたくさんいます♪ あらためて大自然の中にいるっていう実感がわきます。


アントン追加1
▲こんな素敵なロケーションでキャンプなんてサイコーですよね~ 夜には満点の星空が迎えてくれるのしょうね。う~ん泊まりたい!

アントン追加9
午後3時過ぎに最後のウァタラップ島を出発してパンガン島へ帰ります。丸一日遊べるこのツアーは日本円で約一人4500円ぐらいとタイの物価にしては少し高めですが、シュノーケリングが出来て、トレッキングやカヌーまで思う存分楽しめて、食事も3食も付いてこの値段なら安いと思います。スタッフの方も本当に良くテイクケアしてくれて僕たちは大満足でした。アントン国立公園は毎年11月から12月までのモンスーン時期は一時的に閉園になりますのでご注意。ツアーはパンガン島以外にもサムイ島からもツアーもあるので興味のある方はぜひ体験してみてください。きっと良い思い出になると思います♪


アントン追加7
帰りには綺麗な夕日を見ながらトンサラ港へ向かいました♪ 次回アントン国立海洋公園へ行く事がある時にはぜひ島に泊まって見たいと思います♪ 


アントン国立海洋公園情報

●アントン国立公園への連絡先
Mu Ko Ang Thong National Park
145/1, Talat Lang rd, Talat Sub-district, Amphur Muang Surat Thani, Thailand 84000
Tel. 0 7728 6025, 0 7728 0222
Fax 0 7728 6588
E-mail: reserve@dnp.go.th

●宿泊施設
バンガローとキャンプ場があります。(貸しテントもあり)
事前予約はは電話+66-2562-0760ができます。
予約は60日前から可能


NEXTトリップ パンガン島

パンガン島ー表紙  旅ログ パンガン島へ



他の旅ログ(タイ)はバナークリック

ホアヒン表紙  旅ログ ホアヒンへ

TAバンコク表紙  旅ログ バンコクへ

スラタニー表紙  旅ログ スラーターニーへ

ハジャイー表紙  旅ログ ハートヤイへ

マレー鉄道ー表紙  旅ログ マレー鉄道へ



ブログをご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングにエントリーしてます♪
クリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

2013年02月28日 (00:25)

タイ パンガン島

パンガン島ー表紙

パンガン島 KOH PHANGAN

パンガン9

トンサラ港
昨夜スラタニを出港したナイトボートは早朝にパンガン島のトンサラ港へ着きます。日はまだ出てなく朝焼けが奇麗でした。トンサラは島の中心地になっていてホテルや商店街、夜は屋台でにぎわいます。
パンガン8



ブルー ヒル ビーチ リゾート Blue Hill Resort
パンガン島には4泊滞在しました。このブルーヒルビーチリゾートへは2泊しもう二泊は別のホテルにしました。朝方トンサラ港へ到着してそこからソンテオに乗りホテルへ向かいホテルに着くと早朝にも関わらずチェックインさせてくれてました。このホテルのバンガローは日本円で一泊約2500円で3人で割ると一人約850円です。バンガローは山の斜面にあるため部屋へは写真左下のゴンドラに乗って行きます。もちろん歩きでもいけますが階段になっていて下りは問題ないのですが上りはきついので基本宿泊客はこのゴンドラでホテル下にあるビーチへいったりプールへいったり、フロントへいったりとします。ホテルの部屋は広くトイレ、シャワーは別々にありバルコニーも広く高台にあるため景色は絶景です。遠くの方にサムイ島が見えます。部屋でもWi-Fiは問題なく使えました。 繁華街(ハート・リン)から歩いて30分程離れているので、静かで 自然を満喫したい人にはお勧めです♪ 色々島内を見たいという方はレンタルバイクを借りるとソンテオを利用して移動するより安いのでお勧めです。
Blue Hill Resort
117/9 Moo 6 | Bantai Bankai Beach, Koh Phangan 84280, Thailand
パンガン4



HALFMOON FESTIVAL
パンガン島と言えばパーティーアイランドと言うくらい毎日どこかでパーティーがやっています。パンガン島のパーティーで一番有名なのがハートリンにあるサンライズビーチで月一回開催されるフルムーンパーティーですが今回は日程が合わず月2回開催されている半月のハーフムーンパーティーへ行ってきました。会場はBan Taiから山側へ向かったジャングルの中で開催されていてパンガン島の代表的なパーティーイベントの一つです。いざ会場へ行ってみるとここはヨーロッパかと思えるほどのヨーロッパ旅行者でいっぱいでした。島中の観光客がほとんど集まってるかと思うくらいたくさんの人でにぎわっていました。音楽はサイケデリックトランスでDJも地元の人から世界各国のトップクラスのDJがプレイします。夜9時から朝までパーティーは続きバケツにスピリッツを入れジュースで割ってストローをさしてみんなで飲むのがパンガン流ということもあり会場内のバーや屋台ではバケツに入ったお酒があちらこちらで売っていました。フルムーン、ハーフムーンそしてブラックムーンと合計月四回ほど開催しているパーティーなのでパーティー好きな方はぜひパンガンに行ったら足を運んでみてはいかがでしょう。因みにハーフムーンパーティーの入場料は500バーツ(約1300円)でワンドリンクチケットとトランスのCDが付いてきます。次回パンガンに行く際には予定を合わせて世界的に有名なフルムーンパーティーへ行きたいと思います。
FULLMOONPARTY
HALFMOONPARTY
BLACKMOONPARY
パンガン1



ハートリン サンライズビーチ
ハートリンのサンライズビーチはフルムーンパーティの会場としても有名で旅行客の多くはハートリンに宿泊しています。ビーチは白い砂で遠浅です。また砂浜も広くビーチ周辺はシャレーやバー、ホテル、飲食店などが多く連日、観光客でにぎやかでした。
パンガン7




パンガン島のWifi環境と島内の移動について
パンガン島は観光産業で成り立っているので比較的どこのホテルもレストランでもWifi環境は整っています。また島の移動手段はソンテオで移動するのも良いかと思いますがちょくちょく乗っていると結構な金額になってしまいますのでレンタルバイクがお勧めです。このハートリンにあるMONTAWAN HOUSEというレストランでバイクを安く借りる事が出来ます。ここではレンタルバイクが150バーツで借りれます。ソンテオでハートリンからトンサラまで一人100バーツと考えればかなり安くバイクを借りることができます。トンサラにはガソリンスタンドもありますがレストランや雑貨屋などの前でガソリンを瓶に入れて売っていて(1L)40バーツでそこいら中にガソリンが売っています。レンタルバイクは日本の50ccのバイクより大きく大人3人ぐらいまでなら乗れるので移動に便利でした。ただヘルメットもないので運転には気をつけましょう!
MONTAWAN HOUSE RESTAURANT
Moo 6, Haad Rin 84280 Koh Phangan, Surat Thani, Thailand
パンガン6



トンサラのウィークエンドマーケット
毎週土曜日にトンサラの港の近くの商店街でナイトマーケット(フリーマーケット)を開催してます。200メートルぐらいを歩行者天国にして既存のお店や食べ物屋台はもちろん洋服や工芸品、アクセサリー、アート関係、雑貨まで沢山のお店が出店してにぎわってます。僕が行った時は観光客も少なく地元の人でにぎわってました。
パンガン3

トンサラのセブンイレブン横の屋台街
トンサラ港から道をまっすぐ行ったところにセブンイレブンがありその隣の広場で沢山の食べ物屋台が出店してます。食事はレストランでも良いのですがタイといったらやっぱり安くて好きなものを選んで食べれる屋台が良いですね。変った屋台では寿司まで売っています。値段はタイ本土に比べると少々高めに感じますが観光地の割には安いと思います。中でもおすすめはフルーツジュースたしか20バーツ(50円位)で好きなフルーツを3種類選べて作ってもらったシェイクは美味しかったです。この屋台は毎日開催していて下手にレストランで食べるより安くてどのお店も美味しいかったので滞在中にはお世話になりました。
パンガン2



AmaresA resort & skybar
残りの二泊はこのホテルに泊まりました。場所はハートリンの中心より南に1キロ位い離れた岬にあり、ホテルの敷地から朝日も夕日もどちらも見れます。特に朝日が見れる場所には、椅子やブランコ(写真一番下)が置いてあり、早起きをして海から昇る朝日がサイコーに気持ち良かったです。今回私たちはファンの部屋に泊まりました。見た目はトムソーヤーの小屋のようで少々古い感じでしたが部屋内は清潔でしたし大満足でした。ただこちらのファンの部屋には冷蔵庫がないため予め持っていった保冷ばっくを冷蔵庫代わりにしました。写真右上の新しいバンガローはエアコン付きで部屋は外から見ただけですが作りも素敵で雰囲気は海のある軽井沢にいるような感じでした。フルムーンパーティーが行われるサンライズビーチからは歩くと15分くらいで舗装をされていない山道のようなところを通るのでホテルに頼んで送り迎えをしてもらうこともできます。バンガンを出発するのがナイトボートだったのですが、ホテルのオーナーがナイトボート出発まで部屋をゆっくり使って行きなさいと言ってくれたのでたすかりました。スタッフもとても親切でロケーションも良いのでお勧めです。

AmaresA resort & skybar
130/22 Moo 6 | Haad Rin, Koh Phangan, Thailand
パンガン5



パンガン島のホテル探しに!

NEXTトリップ アントン国立海洋公園へスラーターニーへ

アントンー表紙  旅ログ アントン国立海洋公園へ

スラタニー表紙  旅ログ スラーターニーへ




他の旅ログ(タイ)はバナークリック

アントンー表紙  旅ログ アントン国立海洋公園へ

ホアヒン表紙  旅ログ ホアヒンへ

TAバンコク表紙  旅ログ バンコクへ

ハジャイー表紙  旅ログ ハートヤイへ

マレー鉄道ー表紙  旅ログ マレー鉄道へ



ブログをご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングにエントリーしてます♪
クリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

2012年10月26日 (17:23)

タイ スラー・ターニー

スラタニー表紙

スラーターニー SURAT THANI
タイ語で良い住民の町と言う意味をもつスラーターニーはバンコクから南に約700km離れたタピー川のほとりにある港町です。サムイ島をはじめバンガン島、タオ島、アントン国立海洋公園などのタイ湾にある島々へ船が発着しています。

スラタニ1

スラーターニーの町並み

スラーターニー3
▲ハートヤイからロッテゥー乗ること4時間、日が暮れる前になんとかスラーターニーに到着♪小さな港町で近代的な建物もあまりなく昔ながらのタイという良い感じの町です。さっそくパンガン島行きの船のチケットを買わなければと港付近の町を散策。



旅行代理店と長距離バスのチケット売り場

スラーターニー4
▲今夜発のパンガン行きのナイトボートのチケットを450バーツで購入。これでひと安心♪何とかパンガン島へ行けそうです。なんでこんなバタバタかというとあすからパンガン島のホテルを予約してしまっていたのでw今日は夜9時過ぎに出港する船で一泊して明日、早朝にパンガン島に到着する予定です。ナイトボートのチケットも買ったし、これで明日には3日ぶりにちゃんとしたホテルのベットで寝れる!まあ旅の予定は未定なんですけどねw
大丈夫でしょう。



スラーターニーのナイトマーケット

スラーターニー1
▲ナイトボートが出港するまで4時間ぐらいあり、今日は朝からろくな食事もしていなかったので港付近のナイトマーケットへ行って腹ごしらえしてきました。スラーターニーはパンガン島やサムイ島への玄関口という事もありヨーロッパからのバックパッカーが集まる町としても有名らしいです。ナイトマーケットの物価もこのスラーターニーのが一番安かったです。小さいですがイカの串焼(小)は1本10バーツ、(大)でも15バーツ他の焼き鳥も5バーツほどパッタイやご飯ものでも30バーツあれば食べれました。ビールを数本リカーショップで買って、お腹いっぱい食べちゃいましたが、日本円で300円ほどで済みました♪



スラーターニーで見かけた乗り物

スラーターニー2
▲レトロな乗り物が良い感じですね。



船乗り場前の屋台

スラーターニー6
▲船にバックパックなどの荷物を置いて船着き場の前の屋台でソムタムとビールで一杯♪本当にソムタムは食べる場所によって味が違うから食べてて飽きません。



パンガン島へ行くナイトボート

スラーターニー5
▲客船というよりは食料などを運ぶ貨物船を改造して客船にしたという感じの船ですね。船内は予め布団が敷いてあり枕元にナンバーが書いてありチケットを引き換えに座席?ナンバーを教えてくれる仕組みです。この時は結構席が開いていたので何処で寝ても良い感じでした。隣の席のフランス人旅行者達と仲良くなり夜はフランス人が持ってきたラム酒で夜遅くまで飲んでました。こう言う出会いや交流も旅の醍醐味の一つですね。楽しい船旅になりました♪

因みによる空を見上げると満点の星空が広がってます。写真に収める事は出来なかったですが星空というよりは宇宙でした。さあ、明日からはパンガン島です!



NEXTトリップ パンガン島

パンガン島ー表紙  旅ログ パンガン島へ



他の旅ログ(タイ)はバナークリック

アントンー表紙  旅ログ アントン国立海洋公園へ

ホアヒン表紙  旅ログ ホアヒンへ

TAバンコク表紙  旅ログ バンコクへ

ハジャイー表紙  旅ログ ハートヤイへ

マレー鉄道ー表紙  旅ログ マレー鉄道へ



ブログをご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングにエントリーしてます♪
クリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
シェア

トリップアドバイザーにお勧めブロガー認定されました♪
ブログランキングに参加してます♪ 1日一回のクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
プロフィール
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
自由旅行ガイド
旅の計画から旅立つ前日までにする11の準備 TA旅の作り方表紙
特集記事
トラベル家電issue-表紙 旅行家電 電子機器 旅 トラベル キャンプ アウトドア 旅行家電

トラベルサブバックissue-表紙 サブトラベルバッグまとめ

旅する文房具 表紙 旅 トラベル 旅行 アウトドア
旅する文房具 旅行用文房具まとめ

travel-camping-gear-issue-表紙 旅行 旅  トラベル アウトドア キャンプ ギア
旅キャンプギア

旅テントissue バックパックに収納できる2人用旅テント選び 表紙
バックパックに収納できる2人用旅テント選び

TAトラベルガジェットissue-表紙
旅先を快適にするガジェットまとめ

旅カメラとレンズ選び2(ミラーレスと交換レンズ編)-トリップアミューズメント 旅行 トラベル
旅カメラとレンズ選び2(ミラーレスと交換レンズ編)

移動に役立つトラベルアイテム表紙3
移動時に役立つ
トラベルアイテム

TAソフトキャリーバッグissue
トラベルバッグ特集!

TA-キャンプギア表紙
特集!キャンプギア

トラベラーのためのカメラグッズ選び
トラベラーのための
カメラグッズ選び

旅行に最適な靴選び トリップアミューズメント
旅行に最適な靴選び

旅カメラとレンズ選び (レンズキット、コンデジ編) トリップアミューズメント 旅行 トラベル 
旅カメラとレンズ選び(レンズキット、コンデジ編)

ノマドトラベラーギア表紙
ノマドライクなトラベラーのためのコンパクト旅道具選び

一生に一度は行ってみたい世界の絶景ビーチ表紙
一生に一度は行ってみたい世界の絶景ビーチ20選!

旅行用 貴重品入れ セキュリティグッズバナー
旅行用セキュリティグッズ大集合!貴重品入れ、隠しポケット付グッズ まとめ!

女子バックパッカーのためのバックパック選びバナー
女子バックパッカーのためのバックパック選び

バナー変換プラグ
海外旅行用コンセント
変圧器についてのまとめ

トラベルシーツ
トラベルシーツ

TA特集テント選び表紙
おすすめ テント大集合!

バックパック選び
バックパックの選び方

ソーラーチャージャー
モバイルソーラーパネル

世界の放射線量表紙
世界の放射線量

ヨーロッパの2大LCCまとめと比較表紙
ヨーロッパの2大LCC(格安航空会社)ライアンエアーとイージージェットを比較

TA虫よけ対策表紙2
虫よけ対策について

海外旅行に持って行くと便利なアイテム
海外旅行に持って行くと便利なアイテム

ホステル・ドミトリー探し
ホステル・ドミトリー探し

ホテル探し
ホテル探し
日本国内で就航している主なLCC(格安航空会社)路線まとめ
日本国内で就航している主なLCC(格安航空会社)路線まとめ

日本から海外へ就航する主なLCC・路線まとめ
日本から海外へ就航する主なLCC・路線まとめ"


リンク

福島原発爆発後、2011年9月より横浜で健康に子供を育てるのは無理だと判断し宮崎県日南市でへ避難した家族の田舎暮らしブログ メロウライフバナー


ドームテントとスケートボードランプのレンタルをはじめ自然をコンセプトに活動しているGREENFUL
GREENFULバナー


エレクトロによる打ち込みを主体に民族音楽やラテンなど多様なジャンルのCLUB MUSICを演奏するユニット
カラバリバナー


横浜にある時間貸しスケート遊技場屋さんのブログ
blazeバナー

2013/3/1~
online

Appendix


アクセスカウンター

旅行バッグの中身まとめ

旅行バックの中身

格安空港会社と路線のまとめ

格安航空券情報
国内線バナー

海外線バナー

ホテル、ホステル情報
ホテル180-70

ホステル180-70

たびログ

たびろぐ
たびログ(海外)
TAプルフンティアン島ー表紙 旅ログプルフンティアン

TAクアラブスー表紙
旅ログクアラブス

クアラルンプールー表紙 旅ログクアラルンプール

マレー鉄道ー表紙 旅ログマレー鉄道

TAバンコク表紙 旅ログバンコクバナー

ホアヒン表紙 旅ログホアヒンバナー

アントンー表紙 旅ログアントン

パンガン島ー表紙 旅ログパンガン

スラタニー表紙 旅ログスラタニ

ハジャイー表紙 旅ログハートヤイ

サイゴン表紙 旅ログホーチミン

TAベトナムカンボジア国境表紙 旅ログベトナムカンボジア国境

釜山表紙 旅ログ釜山韓国

TAhonolulu-表紙 旅ログホノルル

kona-bigisland-表紙 旅ログ-カイルアコナ-ハワイ島
オランダスーパー表紙 旅ログアムス

たびログ準備中
プノンペン表紙 旅ログプノンペン

シェムリアップ表紙 旅ログシェムリアップ

ポイペト表紙 旅ログカンボジアタイ国境

バンコク表紙-2 旅ログバンコク2

旅ログスラーターニ2

パンガン島表紙2 旅ログパンガン島2

たびログ(国内)
TA日南ー表紙 旅ログ日南市

ブログTA幸島ー表紙 旅ログ市木幸島
TA宮崎ー表紙 旅ログ宮崎市

TA福岡-表紙 旅ログ博多

旅ログ太宰府 旅ログ能古島


旅行に役立つサイト

口コミ情報
航空券予約




ホテル予約




パッケージ旅行






レンタカー予約




旅行用品
旅行用品レンタル


アウトドア用品


Twitter ID TRIP_AMUSEMENT
検索フォーム
為替レート
天気

QRコード
QR
RSSリンクの表示
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。